壁紙保護シートを2種類試してみた - 母が笑えば

壁紙保護シートを2種類試してみた







我が家の廊下・リビング・キッチンには


壁紙比較.JPG




こういう感じで下90cmほど壁紙保護シートが貼られています。




賃貸マンション時代に壁紙が知らないうちに、それも予想以上に汚れていくということを体験として学びました。
さらに子ども達が小さいうちはより一層汚れるリスクは高いということで、今のマンションに引っ越す前に予め防汚シートを張ったのです。






なぜ全部屋じゃないかって?

それは。。。。割愛🎶

じゃなくて力尽きただけ




でも、実際のところ割愛バージョンでもそれなりに時間と労力と精神力、集中力を要するので、全部屋天井まで貼るには、それこそプロにお願いするレベルかも(^-^;







さて。




我が家で入居時に使った壁保護シートはこちら








リンテックコマースの壁保護シート。

半透明の色味でかなり薄手のシートです。シートそのものの厚さとしてはクッキングシートくらいかな。
写真左側のシートです。




リンテックコマースのシートの良かったところは、裏面の台紙に1センチ角の目盛りが印字されていること。
目盛りのおかげで歪むことなく、上から下まできっちりとカッティングできるのはとても便利でした。






が、一方で薄い&結構な粘着力のおかげで貼るのに技術が必要です。
ちょっとでもヨレるとすぐに空気が入るし、粘着力がしっかりしているおかげで修復も難しい。時々静電気で意図せぬところに貼りついて「アアアアアア〜〜〜(ノД`)・゜・。」というトラブルも数知れず。



壁紙を貼ることや、それに類する作業に慣れている人にはオススメできるシートですが、そうではない人にとっては結構難しいかもしれません。。。テカリもないので綺麗に貼れたら仕上がりはとても良い感じなんですが。。。




わたしは技術がないという自覚があったので、ヘラや仮止めのための養生テープ等々駆使しましたが結局は気泡が残りましたねえ。
最終的にはわたしの作業のクオリティの低さについにオットが手直しに入りましたが(笑)、それでも、やっぱり完璧にはできへんかったみたい。




うちのオットはわりと細かい出来にこだわる人で(いつもテキトーに生きてるのに)、自分の車の窓ガラスのスモークもマメに自分で貼り換えていたので、わたしよりは素養はあると思うのですが、それでも難しかったということは「誰でも簡単に」とは言い難い部分はあるのかもしれません。








そして、今回使った壁保護シート









入居から2年、剥がれてしまったところや、拭いても汚れが取れない部分が出てきたので張り替えをすることにしました。



結構厚手で、クッキングペーパー並にどっしりとした素材です。

リンテックコマースが「紙」とすると、こちらはがっしり「シート」という感じの厚み。





よって、貼るのに技術はほぼ不要。

わたしのような大工仕事ど素人、かつ、出来栄えはそれなりでOKなおおざっぱ人間が貼っても気泡がほとんど入りません。

竹物差し一本でざ〜っと貼れるのが何よりの魅力です。





ただ、デメリットとしては、台紙にマス目が印字されていないことと、粘着力が弱いこと。
真っ直ぐ切ろうと思ったら歪まないような工夫を自ら講じないといけないし、粘着力が弱いのでうちではセロハンテープで上部の粘着力を補強しています^_^;



そもそもにして紙製の壁紙には向かないシートなので(でもうちでは貼ってる)粘着力を求める段階で間違ってるかもしれへんのですが。
あとは、やっぱりリンテックコマースと比べると厚手な分だけなんとな〜く存在感はありますね(苦笑)


壁紙比較.JPG



写真左がリンテックコマース、右が
比べてみると左側の方が壁の色がナチュラルです。とはいえ、貼ってしまえばさして気にはなりませんが。









元々、壁紙保護シートはが壁で爪とぎをしてしまう時の傷防止を目的に作られているものが多いのでシートの高さが30cm〜50cmのものが殆ど。


対子ども、もしくは生活防汚を考えた時には高さ80〜90cmは欲しいところなのですが、実際、それくらいの高さのある(かつ価格帯として手頃な)シートはあまり選択肢は多くないのです。






選択肢は限られますが、「拭ける壁紙」に張り替えるには費用や時間がないけど壁紙の汚れを防ぎたい、もしくは、掃除のときにラクに拭ける状態にしたいというのであれば防汚シートは手軽な手段なのだと思います。




実際、防汚シートのある部分は激落ちフキンで水拭きするだけで汚れが落ちるので、壁紙掃除がめちゃラクです。










今後も2年に一度くらいは張り替えるつもりですが、将来的にどうしてもアカンようになった時は・・・・



ウォールシールで壁をデコってみるか( ̄▽ ̄)











今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


クリックいただけるとたいそう励みになります(*^_^*)


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ ラブラブ夫婦へ
にほんブログ村

2017-04-19 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家族が過ごす時間が長い場所ほど汚れますよね。
うちもこういうのを貼っておけばよかったです。
キッチンのカウンター下のクロスは、カウンターに置いたコップをひっくり返して飲み物が滝のように流れた跡とか、いろいろ汚れてます。
子どもがもっと大きくなったら、1階だけでも壁紙の貼り替えをできれば…とは思っていますが、いつになることやら(・∀・)
Posted by 全開 at 2017.04.22 11:24
全開さん



そうそう。壁紙の汚れは家族の滞在時間と通行頻度に比例しますね(笑)


わたしは今の家に住む前の2軒の経験があったので今回は入居前に貼りましたが、それがなかったら貼ってなかったと思います。

キッチン周りは特に汚れることもわかっていたので、180cmの高さまで防汚シートを貼っていますが、スパークリングの赤ワインを噴射させてしまって天井に赤いしみがあります(苦笑)

まあ、完璧にはいかないですね(^-^;
Posted by 松子 at 2017.04.22 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 母が笑えば All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート