時間家計簿をつけてみた - 母が笑えば

時間家計簿をつけてみた







先日、読まなくなった本や漫画をブックオフに売りに行ってきました。



本は基本的には図書館を活用して読んでいるんですが、それでも図書館に置いてない本は買う事も多々あります。



ただ、買った本を全て家に置いているとものすごい量になるので、これは必ず繰り返し読むという確信のある本だけを手元に置いて、それ以外のものは1回読んだだけで売るものも結構あります。




大量になって億劫になる前にこまめに売る。

これが本の適量を守るわたしのきまりです(^-^;


さて。


ブックオフで買い取り査定を待っている間は、たいてい店内をうろうろして本を物色しながら待っているんですが、ふと目に留まった本が面白そうやったので買ってみました。(←売りに行く意味なし)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の時間を取り戻そう [ ちきりん ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/11時点)






「自分の時間」という、ワーキングマザーにとっては夢のまた夢?いや、もはや蜃気楼?


それくらい珍獣並にレアな感じの存在、それが自分の時間。


でも、それを「取り戻せる」んやったらめっちゃ素敵やん?しかも、帯に「家庭としごとの両立に悩む母親」という文字。


これは来月から育休復帰する前に読めっちゅうことやな と思って買うことにしました。



感想として面白い観点であり、試してみる価値はあるなあ という感じ。



ゆとりも成功も手に入れるための方法論っていうと、一般的には効率よく仕事を終わらせるための方法やったり、家事と仕事を両立させる極意を想像するんやけど、そういうんじゃなくて、著者のちきりんさんの主張としては、ただ一つ。




生活に必要な家事、食べていくのに必要な仕事などをできるだけ高い生産性で=短い時間で終わらせ、残りの時間は家族と過ごしたり個人の趣味に使うメリハリ型の生活スタイルを目指す




というもの。




え?そんなん今目指し始めたもんじゃなくて、前々から思ってたことやし、っていうかそれができへんから今の状況になってるわけで、結局のところは効率よく家事や仕事を終わらせるためのノウハウがいるんちゃうん?と思うところやけど、そこも、否。




平たく言うと、自分の願いを叶えるために、より時間・費用対効果の高い部分を頑張り所として厳選することこそがゆとりのある生活を実現するキーポイントであり、どうやって頑張り所を厳選していくのかという点に重きを置いています。




つまり、「あれもやらな、これもやらな」って言ってるけど、それホンマに時間(やお金)を費やしてやる必要性はあるん?ってこと。
わたしの感覚やけど、生活版断捨離とでもいうべきでしょうか。




断捨離っていうと、モノを捨てることやけど、生活版断捨離が捨てるのは習慣。
時間・費用対効果の低い生活習慣を自分の快・不快を判断基準として断捨離していくようなイメージです。




そして、自分の時間の使い方の生産性を確認するためのワークの一つとして本の中で紹介されているのが、時間家計簿。
お金の家計簿はわたしもZaimでつけてるけど、時間家計簿は何に対してどれだけの時間を費やしているのかを記録していくものです。



え〜たいていわかってるよ〜?と思ってたけど、実際記録してみると自分の予想とはだいぶ違いました〜

わたしが家事全般に使っている時間は一日2時間半。

食事の準備や後片付け、掃除、洗濯物を干す等々の家事を小さなものから全てトータルするとこれだけの時間を一日に費やしています。



思ってたよりも多いなあ!というのが実際記録してみた感想。
1日2時間くらいかな?と予想してたんやけど、実際はそれ以上に使っているのだ^_^;




特に驚いたのが、片付けに対して結構な時間を使っているということ。

食事の後片付け以外にも、出しっぱなしの新聞を片付けたり、部屋を整えるという程度の片付けを一日4回くらいやってて、部屋のリセットだけで1日1時間ほど使っているという驚愕の事実( ゚Д゚)




いや〜これは勿体ないよね。
せめて半分にまで減らしたいわ。これでは決して生産性が高いとは言えまい(^-^;




生産性の高いお片付けといえばこの方、全開さん


動線に合わせた収納を考え、ぱっと見のすっきり感を大事にすることで時間と手間を極力最小限に、でも綺麗な家で生活することを実現してらっしゃるという点で言うと、まさにこれ以上ないくらい生産性が高いのです!!!



わたしも家族が(というか主にオットやけど)片付けやすい収納方法とか、片付けの動線や収納場所もまだ工夫する余地があるんやろうなあ〜。。。



要研究じゃ(・ω・)ノ





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の時間を取り戻そう [ ちきりん ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/11時点)









今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


クリックいただけるとたいそう励みになります(*^_^*)


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ ラブラブ夫婦へ
にほんブログ村

2017-04-11 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マジすか。ゆとりも成功もゲッツできるんすか。
よ、読みたい…( ;∀;)

私は生産性、効率、時短…そんな感じのことばっか考えちゃって。
仕事中はまぁそれは当然としても、プライベートでも気になって気になって。
時間のゆとりを作り、精神的なゆとりを得るための時短なのに、目的は果たせていません(-_-)
夫にも家事や育児をわりと押し付けてるのに(笑)
Posted by 全開 at 2017.04.12 13:42
全開さん



「マジすか。」←わたしもタイトル見て最初に同じこと思いましたよ(笑)


プライベートでも生産性が気になっちゃうの、すごくわかります。
わたしも時間家計簿をつけてると、趣味の時間でさえ時間が気になってしまう(苦笑)切り替えが大事なんでしょうね。

でも、生産性・効率の良い家事の家事のお手本はわたしにとってはやっぱり全開さんです。家事の動線、インテリアの選び方、収納ノウハウ、どれもすごく研究されていて、いつもアイデアを頂いています。

そうそう。全開さん宅でロボット掃除機導入のきっかけが、ご主人の「2人とも掃除機をかけれないなら、いっそかけない」という選択やったように記憶しているのですが、それもすごく生産的な考え方ですよね!!さすが全開さんのご主人!という感じです(*^_^*)


松子
Posted by 松子 at 2017.04.15 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 母が笑えば All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート