9年ぶりの帰省、の結果。 - 母が笑えば

9年ぶりの帰省、の結果。








前回も書いたのですが、9年ぶりの帰省。



はてさてどのような結果になったのか。





相当な覚悟をもって挑んだ(?)帰省でしたが、行ってみたら拍子抜けするほど普通でした。





もちろん、9年も帰省しなかったことは初日の親族一同が集まる食事会で謝りました。

今後は出来る限り仕事の都合を合わせて、帰省するようにしたいと思っていることも。



当然みんなに叱られはしましたが、でも、「今度はここまで開けずに顔見せに来なさい」。

それでおしまい。





オット曰く、「本当のところはどう思ってるかわからん」という感じらしいのですが、それでも全く許してなかったら帰省自体を受け入れなかったと思うんですよね。



なんやかんや言いつつも、最終的に受け入れてくれるのならば良しとしていいのではないか と。




もし、オットの言う「本当のところ」から許してもらうとするならば、それこそ今回の1回でクリアするものではなくて、今後のわたしたちの努力次第。



今回のところは9年の壁を越えられただけでも十分な収穫があった と理解しています(*^_^*)







さて。





富山には3泊滞在したんですが、せっかくやから帰りにどこかで1泊して帰ろうというオットの提案で立ち寄ったのが。
恐竜博物館1.JPG恐竜博物館1.JPG







福井県!
そして恐竜博物館!!




いや〜一度連れていってみたかったんですよね。

恐竜をテーマにしたイベント的な催しは大阪でもあるんやけど、百貨店のホールを使ったものが殆どで小規模なものが多く、本格的なものを見に行ったことはなくて。
わたし自身は正直恐竜に対しての興味は全くないんやけど、うちの長男は比較的好きな類のものなので一度は見せてやりたいな〜というのは前々から思っていました。




恐竜博物館は福井の勝山というところにあって、福井市内から小一時間ほど山の方に車で走ったところにあるんですが、ドーム状の館内のB1〜3Fまで全てが恐竜づくし。

化石はもちろんのこと、実物大に組み立てられた恐竜のレプリカ(しかも動くある)がたくさん飾られてて迫力満点。3歳の次男に至ってはあまりの迫力に怖くて近寄れない(笑)


恐竜博物館2.JPG



よって写真は長男ワンショット




化石以外にも、実物大の恐竜の歯や化石のクリーニングの作業も見れたりするので見どころ、遊び所は以外とあったなあ〜という印象。
うちは旅館の夕食の時間との兼ね合いで入らなかったけど、恐竜をテーマにしたレストランもあって、恐竜の足跡の形をしたハンバーガーとか、恐竜パフェなんかのメニューがあって、まるで某ネズミを中心にしたテーマパークのよう(笑)



博物館の外には公園もあって、長い滑り台やアスレチックも。

次男はむしろこっちの方が楽しかったようだ(^-^;



恐竜Loveの子はもちろん、そうでない子でも何かしらで楽しめるように作られてるな〜という感じでした。






旅館は、






国民宿舎に宿泊するのは初めてで、昔は「安いけどイマイチ」という位置づけやったと思うんやけど、今は違うのね〜。安いけど綺麗やし、料理もしっかりしてるし。


海の見える和室で、部屋にトイレ付。料理も、海の近くだけあってお造りが抜群にうまい!そしてボリューミー。
長男&次男の子ども膳も、鶏のから揚げ×ハンバーグ×カレー×ナポリタン と、さすがの大食い次男でも食べきれないくらいボリューミー(笑)



最終的にはオットが平らげましたが、今度旅行に行く時は次男は食事なしにしておいて、船盛を別注した方がコスト的にもお腹的にも優しいかも(^-^;


要研究やな。




お風呂は旅館の人曰く、「北陸でベスト3に入る名湯」。ぬるっとしたアルカリ性の温泉で匂いも全然ないので子ども達も抵抗なく入れたみたい。露天風呂付の大浴場で、海が見える絶景風呂でした。





いや〜〜温泉っていいね、やっぱり!!

心の汚れまで洗い流されるようだ(←さぞかし汚かろう)






でも、ぼけーっと露天風呂に浸かりながら水平線を眺めてると自分の悩み事も日々の雑事も些細な事に思える。「なんとかなるわ」と思えてくる。




今回の旅行は、長男を出産してから初めての旅行=9年ぶりの旅行 でものすごく久しぶりのことやったんやけど、旅行自体はその気になりゃ近場に1泊2日で行くこともできた。でも、それを自分自身に許してへんかった。




自分が楽しむこと、リフレッシュすること。

時間的にも経済的にも贅沢をすること。




どれも、会社や周りに迷惑をかけているわたしが行っていいものじゃない って誰に言われたわけでもないのに自分で無意識のうちに制限していたところがあったように思う。




だけど、周りの目という自分の人生の中で、究極的には付加価値に過ぎないもののために我慢するよりも、自分の気持ちや家族という本当に大事なものを大切にしていくことを優先したい。




そのために、自分がやりたいなあ と思ったことは勇気を出して自分に許可していきたいと思います(*^_^*)










旅館のお風呂でサンプルで置いてあった、洗い網。



ものすごく泡立ちがええんやけど、子どもが使っても痛くなくて背中も洗いやすかったので買って帰ってきました。




100均のナイロンタオルでもええんやけど、全然ええんやけど、どうも当たりはずれがあるというか。。。。



子どもも使うことを考えて柔らかめを買うと泡立ちがイマイチで、泡立ちを優先させると固くて痛いと言われ、前と同じやつを買おうにも100均の商品の入れ替えの早さたるや我が家のナイロンタオルの買い替えスパンよりもずっと早いので同じ商品に巡り合えるはずもなく、当たりはずれを繰り返していたので「これぞ!」というものに出会えたのは運命と思い、買いました。


ナイロン製やねんけど、チクチクする感じが全くないのがよろしい。

泡立ちも超きめ細やかで、洗顔用の泡立てネットのよう。体も洗える巨大泡立てネット という感じですね。網目が大きいので水キレが良くてすぐに乾くのも高ポイント。





多分、海沿いの温泉旅館なら結構置いてるんじゃないかな?

気になる方は旅行がてら、是非(*^_^*)

















今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


クリックいただけるとたいそう励みになります(*^_^*)


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ ラブラブ夫婦へ
にほんブログ村




2017-03-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 母が笑えば All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。