妻の病気で夫が不機嫌になる理由 - 母が笑えば

妻の病気で夫が不機嫌になる理由





長男の通う小学校も。

次男の通う保育所も。。。





インフル香港A型、大流行中( ゚Д゚)!!!




先週から流行し始めて、今週に入ってからも着々と増えてるなあ。
我が家は今のところ誰も感染してないんですが、このままシーズン終わりまで逃げ切れるとええんやけど。





わたしも砂糖断ちの効果か、昨年4月以来病気らしい病気をしていないんですが、主婦が寝込むと困るのが、家事と育児。


そして、我が家の場合は、オットが超不機嫌になる(^-^;





わたしが寝込んでいる間は、子ども達の食事の用意も、食事の後片付けも、風呂入れもやってくれるんですが、ま〜・・・・キレるキレる。

相当機嫌悪いです。




常に怒鳴ってるし、戸の開け閉めも乱暴やから寝てられへんっちゅうねん(苦笑)

何か頼んでも返事も喧嘩腰。

まあ、最終的にはやってくれるんですけどね。








仕事のことであれ、それ以外のことであれ、うちのオットは基本的に家の中で感情の浮き沈みをセーブする人ではありません。


昔は、オットの機嫌にわたしの情緒もかなり左右されていて、オットの機嫌が悪かったら戦々恐々としながら様子をうかがっていたんですが、最近では正々堂々ほったらかしです(笑)


不機嫌を振りまくのは、そら空気も悪くなるし大人の対応じゃないとは思うよ。


だけど同時にオットにも、怒る権利もあれば落ち込む権利だってあるわけで、本人にしてみれば怒ることで周りをどうこうしたいというのが趣旨ではなく、単なる感情の発散としてやってるだけなので、本人の気のすむまで不機嫌をやらせてやれば勝手に浮上してきます。



なので、わたしが寝込んだ時の不機嫌も、「ほっときゃそのうち治まるのさ」 と思ってるのでほったらかしにしています。


機嫌が悪くてもお願いしたことはしてくれるので、オットの家事スペックを考えると十分頑張ってくれてるとも思うし。


それに本当に看病したくないなら、頼まれても何もしないと思うので、文句言いながらでも助けてくれるのは心配してるからやと思う。






看病の時にどれだけ悪態をつかれようと、それは別にええんです。






ただ。


ただ。



何をそんなにキレるポイントがあるんや?というのは、純粋に謎。





ということで、本人に面戸向かって聞いてみました。





「父ちゃん、わたしが病気で寝込んでる時って、め〜〜〜〜っちゃ機嫌悪くてずっと怒ってるねんけど。。。なんで?」




と。





するとまさかの返事。





「え?オレ、機嫌悪い?」






自覚症状なし〜〜〜〜〜〜wwwwwwww
ちょ〜ウケる。





話題を振っておいて引くのもあれなんで、わたしが病気の時の行動や言動を言ったところ、当然のことながら全く覚えがなくて「全然気づかんかったわ。気を付ける」と。





ただ、本人にどうしてそうなるのかを振り返ってもらうと、わたしが病気の時って相当オットも困ってるみたい。



普段家事も育児もほとんどしない人に、いきなり「全部ヨロシク」ですからねえ。

そりゃ困るだろうよ。
(とはいえ、いざという時に備えて普段から手伝うつもりはない)








怒りの感情は、自分からの「困った」のSOSという側面があります。


子どもが言うことを聞いてくれなくて「困った」→怒り

帰りが遅くて心配して「困った」→怒り



不安や、寂しさといったネガティブな感情を感じるということは、はつまるところ、自分が「困った状況」に陥ってるわけですから、怒りを誘発することがあります。



オットの場合、慣れない家事と育児を1人で回さなあかん状況にガッツリ「困ってる」わけで、機嫌の悪くなる素地は十二分にある状態。



さらに、男性にとっての妻という存在は、安らぎであり、活力の源泉。



新・良妻賢母のすすめでも、女性は家庭の女神と書かれているですが、単なる家を家庭にならしめるのは女性なのです。

主婦が寝込むと家族が大変 っていうのは、家事や育児といった仕事としての面だけじゃなくて、メンタル的な面からも言えることなんですね。






妻が寝込むということは、男性にとっては自分のやすらぎを失うという意味においては大問題。


だから、不安で仕方ない。


でも、怖い、不安とは素直に言えないから、やりきれない気持ちを怒りに転化しちゃうんやろうなあ。






犬や猫を飼ったことがある人はわかるかもしれませんが、ペットは、飼い主が寝込んでる時に「ねえねえ、遊んでよ」と布団にやってくることがあります。不安なんですよね。早く元気になってほしい、だから、いつもみたいに遊んでくれってやってくる。





原理としてはそれと似た感じなのかなあ と思う。





まあ、ええ大人で、素直さや愛らしさがなくて、心配でも気遣いの仕方がわからないが故にキレるというわけのわからない表現方法になってますが(苦笑)





でも、それだけ「懐かれてる」っていうことなんでしょ(^-^;

ツンデレみたいなもんか。(←ほんまか)





もちろん、病気の人を気遣うって大事やし、そんなこともできない人はパートナーとしていらない と思うなら、それはそれでええと思う。



その人にとっては大事な要素であり、価値観なんやろうと思う。







ただ、「思いやりにかける」とか「人の痛みがわからない」とかいう要素だけじゃなくて、こういう理由もあるんやで〜っていうだけなので、それを知ったうえで自分はどうしたいのか。

それを考えるのが、自分のための「正解」なのやと思います(*^_^*)







男心の「?????????」(←どんだけわからんねん)に答えてくれる本です。ちょっと分厚いけど、男性の理解に役立ちます(*^-^*)







今日も最後までお読みいただきありがとうございます。


クリックいただけるとたいそう励みになります(*^_^*)


にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ ラブラブ夫婦へ
にほんブログ村


2017-01-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright © 母が笑えば All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート