母が笑えば

-  |  次の3件 »

今年の目標 2018






明けましておめでとうございます。




新年も3日を過ぎたあたりでようやく今年の目標も決まりました。
毎年恒例、今年の目標を書こうと思います。






@あるものに目を向ける



日常の中にある当たり前のことに対して愛と感謝を持つこと。
オットや長男に対しては「良いところ30個を書く」をほぼ毎日実践してるんやけど、それと同じように周りの人や環境に対して良いところを見つけていきたいなあ。



4人で入ると風呂が狭い〜とか、下が駐車場やと底冷えるわ〜とか、日常の不満を探せばきりがないけど、今この瞬間に家族がみんな元気でいて、みんなで住める家があって、御飯が食べれて、あったかい風呂に入れて。

今自分が得られているものをもっと大切にしたいなあ と思います。








A楽しむ






今年は自分が楽しいと思うこと、面白いと思うことに積極的に関わりたいと思います。

自分の元々のキャラクターは「楽しい、面白い、わくわく」を重視するタイプなんやろうなあ というのはここ数年でなんとなく気づいていました。


成長と伴にお調子もんキャラだけでは世渡りができないという知恵がついて、無意識に封印していたようなのですが(このタイプのキャラの人は大抵一度は封印するらしい)、去年、和久田ミカさんの子育てコーチングの中級講座を受けて、同じタイプのキャラの人たちとワークをしたら・・・・・




めっちゃ開放感( ̄▽ ̄)




これはこれでええやん!と味をしめたので、自分が楽しそう、面白そうと思ったことにはチャレンジしてみたいなあ と思います。
趣味らしい趣味をここ15年くらい持ってなかったので、何に対して興味を持つのかは自分でもわからないけど、自分の感性に期待してみようかな と(笑)







B捨てるものを考える




何かの知識を得て問題を解決することも、現状を変えるためには大切なこと。
でも、自分の中にはもう答えがあるのに、それが出てくるのを邪魔しているものもあると思う。

わたしの場合、それは意地やったり、昇華できていない自分の悲しみやったり、自分のルールやったりするんやけど。


何か自分の心が揺れる出来事があった時には、そういうものを一つ一つ成仏させてやれたらいいなあ と思います。
言うなれば心のダイエット、かな。








Cゆとる



@〜Bを心がけるうえで欠かせないもの。


それが、ゆとり!とわたしは思います。



日々の暮らしに感謝して、楽しむことを大切にして、自分の心に目を向けるってさあ、ある程度自分の心にゆとりがないとできないよ。




本気で家事、仕事、育児に取り組むのは大事。
でも、本気を通り越して必死になっちゃうと大切なことを見失っちゃうんよな〜。特にわたしは(苦笑)





だから、ゆとります。
今一番大切なことは何か、なすべきことは何か。タスクではなく、自分の使命として。大袈裟やけど(笑)







ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします(*^_^*)








最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったらぽちりと↓

にほんブログ村

2018-01-03 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年に思ったこと、感じたこと








お久しぶりでございます。




年の瀬も年の瀬、今年最後の日になってようやくの更新になりました。
約8カ月ぶり。


ぶりすぎやで。

パソコン動くか、ルーター動くかそこから心配したで。




お休みをしていた一番の理由は、まあ。。。さぼり癖がついたっちゅうことだね(笑)



そして、もう一つの理由が「自分が書こう」と思える時まで放っておくといつまで書かないのか試してみたかったから。



今年の5月に3度目の育休から職場復帰わけなんですが、復帰するにあたって自分で決めたことがありました。



それは、



できることであっても、その時自分がやりたくないと思ったら、やらない。



頑張れば、自分でルール決めすれば、目標を立てれば、やれる。
ただ、そこに自分の気持ちが添わなければ自分も含め誰のメリットにもならないんじゃないか。


自分がどう思うのか、それを優先軸として生活を送ってみる。




試験的ではありますが、そういう生き方をやってみてもいいかなあ と思って。



もちろん、主婦として、会社員として、MUSTな仕事はあるわけで、全てにおいて自分の気持ちを最優先にできるわけではないけれども、でも、「やらなくても死なない」「やらなくてもクビにはならない」もんなら、サボるのもアリ という価値基準で生活してみました。







結果、8か月全く更新せえへんかったわけやけど(笑)



でも、時短で15:30に退社して、朝は6時前まで寝て、たま〜に1人で日帰り温泉に行って。


以前は考えられへんくらい好き勝手して生きたら、多少のことでは動じなくなったし、たいていのことは「まあ、ええんちゃう」と思うようになりました。




端的に言うと、ゆるくなりました、わたし(^▽^;)



それによって、周りの評価が変わった部分は確かにある。
良くも悪くも半々ずつくらいね。
それでも当初想定してた反応の1/3くらいかな。


自分的には、そんなことしたら生きてかれへんで((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル  レベルのことをしてみたけど、無事平穏に一年を終えられそうです(笑)




結果的には、やってみて良かった と思っています。
心穏やかに過ごすことができたし、本来の自分ってこんなんやったなあ〜〜!と再認識をすることもできました。




激ユルになったおかげで(←せいで)、迷惑をかけたこともあったけど、それでも受け入れてくれたオット、子どもたち、職場の方々、友人。
色んな人の愛に支えられた一年でした。


本当に今年一年、ありがとう。




愛と感謝を込めて。











にほんブログ村

2017-12-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

育休最後の自由で買ったもの








三男坊の産休入りから早1年八カ月。

この5月から仕事復帰しました。





長男の時は産後3カ月で復帰、次男の時は産後10か月、三男に至っては産後1年7か月。。。。

産むたびに着々と休業期間が延びてる!!!(←逆逆逆)





世の流れと逆行するわたしの育休期間の話はさておき、復帰前の慣らし保育最終週=日中1人で過ごせる貴重な自由時間🎶ということで買い物に1人ランチに。。




ええ!存分に遊びました(笑)




服や靴も買ったんやけど、中でも惚れ込んで買ったのが








南部鉄器、しかもピンク🎶

梅田のグランフロントの中にある異様に天井の高いおっされ〜〜〜〜〜〜〜なイタリアンレストランでランチをした時に、食後の番茶がこの鉄器に入って出てきました。





鉄器なのにピンク。

そして、ちょっとシルバーも入ってアンティークっぽい感じもする愛くるしいルックスに一目惚れ。店員さんに尋ねたところ(料理のことでも店のことでもなく器のことを聞く変な客に違いない)、「ネットで『南部鉄器 ピンク』とかで調べるとすぐに見つかりますよ」とのこと。







もちろん、その場で







あった〜〜〜〜!!!!
そして、迷わずぽちりと(笑)




色はピンク以外にも青や緑なんかもあって、ちょっと迷ったんやけどやっぱりここは初志貫徹。心ときめいたピンクを購入。




とはいえ、サイズは0.6ℓ。しかも我が家は日本茶は殆ど飲まないのでホンマ「何に使うねん!」という感じ。
さらにお値段10800円。
道楽で買う調理器具ではないな(苦笑)





でも、この愛らしい鉄器がうちの台所にやって来たら・・・と思っただけでテンションだだ上がり。鉄分も摂れるし、白湯専用でもええじゃないかと理由をつけて情熱のままに買ってしまいました。



よくよく説明書を読むと「中に日本酒を入れて熱燗もできる」って書いてるしね。
買った理由が後付けやけど一つ増えた(笑)






そして、もう一つ道楽で買ったのが


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もう ぬげない [ ヨシタケシンスケ ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)








絵本やけど、ほぼわたしのための絵本っていうね。


「もうぬげない」の方は主人公の男の子の姿が次男にかぶる(^-^;

7月で4歳になる次男はまさに自分でやりたいけどやれないよ状態で、よく「もうぬげない」と言って風呂場で泣いてます。で、たいていがわたしか長男によってぺぺっと脱がされるっていうね(笑)



作者のヨシタケシンスケさんは、育休中に自宅に送られてきていた「赤ちゃんとママ」という雑誌の中に「よちよち父さん」という四コマ漫画を描いてて、わたしは結構好きやったので、この絵本も笑って読めました。






そして、もう一冊あるぜ道楽絵本




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いっさいはん [ minchi ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)





まさにうちにもいるぜ「いっさいはん」


新聞広告に載ってたなあ〜と思って本屋さんで手に取ってみたところ、面白い(笑)


内容は「一歳半あるある」を連ねたものやねんけど、日常過ぎて見落としてるあるあるをこうやって絵と文章で改めて目の当たりにすると面白く思えてくるから不思議。



子どもの行動、それに振り回される親の様子、どれを見ても「そうそう!」で、唯一違うところと言えばうちの三男がこの絵の子ほどの愛嬌がないというところか(^-^;







この2冊は疲れた時に読もう(笑)





そして、最後はこれ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いっさいはん [ minchi ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/29時点)







電車通勤されている方は車内広告で見たことがあるかもしれませんね。

小学生男子が愛して(?)やまないウンコネタ。

それを活かした(???)漢字ドリルです。




売り文句は「全ての例文に『ウンコ』を使うことに成功しました」
親としては特段成功してくれなくてええことやねんけど、子どもにとっては面白かろう。


車内広告を見た時は、1年生の漢字くらいやろうなあと思っていたところ、実際本屋に行ってみるとなんと6年生まであるではないか!




中身を見てみると、ちゃんと書き順を練習するところもあるし音読み訓読み両方を使って例文が構成されている。練習量自体は決して多くないけど、でも、漢字に関しては学年を超えてどんどん先にやっておいた方が良いものなやし、こういうやつやったら長男のウケも良かろうと思い、購入。




案の定、長男は嬉々として取り組んでいます。
さすが期待を裏切らない小学生男子。


ただ、難点が一つ。
面白すぎてなかなか先に進まれへんのやとか。






先取り・・・・できるのか??
微妙〜〜〜・・・・








さて。


しっかり充電もしたし。



働くべ(*´▽`*)











にほんブログ村

2017-05-05 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
Copyright © 母が笑えば All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。